本田工業

太陽電池モジュール 耐風圧試験装置

太陽電池モジュールは住宅の屋根等に取り付けられた場合に、台風等の強風と、積雪等の長期荷重、乱れた風による振動等で過酷な自然環境に晒されます。 IEC 61646/JIS C 8938・8991ではこれらの荷重に対する強度を評価する機械的荷重試験が規定されています。本装置は機械的荷重の載荷に風圧力を利用して、同試験を簡単に精度良く行うことができます。

特長

1) 太陽電池モジュールの試験装置への取付を現場施工時と同じ金具・固定方法で行うことで、実現場に近い状況で試験することが可能です。
2) 風圧力の載荷のために太陽電池モジュールの周囲を気密にするシール材には高弾性体なスポンジゴムを使用し、モジュール端部の変形に追従するように取付ける構造です。
3) 装置操作は誰でも運転・操作できるようシンプルな自動制御システムになっています。
4) 運転中の太陽電池モジュールの破損・異常圧力等に対する安全対策は万全です。

対応試験規格

国際規格 : IEC 61215 / IEC 61646
JIS規格 : JIS C 8990 / JIS C 8991 / JIS C 8917 / JIS C 8938

荷重試験方式

1) 太陽電池モジュールへの機械的荷重試験は、IEC・JIS規格に基づく荷重を風圧力により載荷する方式です。
2) IEC・JIS規格の風圧力(+)・(-)は、試験体をそのままの取付状態で、制御側で風圧力を(+)・(-)に切替えることで載荷可能です。風圧力(+)・(-)の切替え時に試験体の取付け直しは不要です。
3) 静圧力・脈動圧力の載荷、プログラム運転による圧力載荷が可能です。

仕様